静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

J1清水の北川 ダービー先発に意欲、連続ゴール狙う

(2017/10/13 18:06)
静岡ダービーでの先発出場を目指す清水の北川=三保グラウンド
静岡ダービーでの先発出場を目指す清水の北川=三保グラウンド

 J1清水のFW北川航也(21)が、磐田戦2試合連続ゴールを狙う。4月のリーグ戦はけがで欠場したが、5月のルヴァン杯で得点を挙げた。清水の下部組織育ちで少年時代からライバルの存在を体に染みこませてきた背番号23。14日にアイスタで行われるリーグ戦の静岡ダービーに気持ちを高ぶらせている。
 待ち焦がれた磐田との一戦を前に、北川のアピールが続く。プロ3年目の今季。夢舞台だった4月の敵地エコパでのダービーは、左内転筋痛でベンチから外れていたため雰囲気すら味わうことができなかった。今季リーグ戦20試合に出場したが、先発は3試合だけ。「特別な相手。いい準備をして先発を狙いたい」と意欲を示す。
 清水ジュニアユース、ユースに所属していたころ、「磐田との試合は内容より結果。とにかく球際で負けるなと言われてきた」と話す。宿敵の存在が、個人の成長につながったと実感している。
 プロ入り前、静岡ダービーは欠かさず観戦した。最も印象に残っている試合に、2007年9月の対戦を挙げる。終盤に韓国人FWチョ・ジェジンが決勝点を奪った。「チョが喜びすぎて脱いだユニホームを観客席に投げて警告を受けたが、(選手とサポーターの)一体感は忘れられない」と振り返る。
 「自分がそうだったように、子どもたちに夢を与えられる試合にしたい」と北川。ダービーの伝統を受け継ぐ名場面をつくる。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト