静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

高橋「屋久島の子どもに希望を」 J1清水加入会見

(2017/9/28 07:08)
J1清水入団を喜ぶ高橋大悟(中央)と清水の内藤直樹強化部長(右)、神村学園の有村圭一郎監督=神村学園高
J1清水入団を喜ぶ高橋大悟(中央)と清水の内藤直樹強化部長(右)、神村学園の有村圭一郎監督=神村学園高

 J1清水に来季加入する神村学園高(鹿児島)のU―18(18歳以下)日本代表MF高橋大悟(18)が27日、いちき串木野市の同校で記者会見を行った。世界遺産の屋久島出身で初めてJ1入りする高橋は「屋久島の子どもたちに勇気や希望を与えられる選手になりたい」と抱負を語った。
 プロ選手になるため、小学校を卒業後に神村学園中に入学した。清水入りが内定したときは「小学校6年のときに島を出る決意をした。送り出してくれ、支えてくれた親には感謝しかない」と振り返った。将来は「努力して1試合でも多く試合に出る。一人のサッカー選手として目指すのは日本代表」と目標を掲げた。
 163センチと小柄だが、抜群の得点感覚がある左利きのMF。清水の内藤強化部長は「2月の鹿児島キャンプに参加し、京都との練習試合で得点した。ゴールから逆算した位置取りができる選手。自分の足りないところを分析し、克服しようとする精神面も高く評価した」と期待する。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト