静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ドウグラス2戦連発、鳥栖Fトーレスに勝る J1清水

(2018/8/2 08:52)
清水―鳥栖 前半20分、PKを決める清水・ドウグラス=アイスタ日本平
清水―鳥栖 前半20分、PKを決める清水・ドウグラス=アイスタ日本平

 清水が降格圏の鳥栖に対し、守備で隙を見せずに1―0の完封勝利。J1では4年ぶりの3連勝を飾り、ホーム4連勝も5年ぶりと記録ずくめの好調さだ。ヨンソン監督は「堅守で良い内容だった」と満足げだった。
 台風の影響で7月28日の横浜M戦が延期となった清水は、ホーム鳥栖戦が今季折り返しの初戦。「中断明けから戦う姿勢が見えている」と六反。自信を深めつつある清水イレブンが落ち着いて試合をコントロールした。
 前半20分、右サイドをドリブルで突破したドウグラスが倒されPKを獲得。ゴール右へ冷静にループシュートを決めて日本復帰2戦連発。「まだ調子は上がる。自分の得点より勝利が大事」と喜んだ。
 鳥栖は強力2トップの元スペイン代表フェルナンドトーレス、元日本代表金崎にボールを集めようとするが、ファン・ソッコらが守備ブロックの間を狭めてフィニッシュを許さず。終盤ロングボールを多様する鳥栖に対し、5バックを敷いて逃げ切った。
 リーグ再開後、課題だった相手クロスからの失点はなく、3試合で1失点。今季8勝目と早くも昨季の勝利数と並んだ。守備に安定感が増した清水は上位に食い込む態勢を整えている。

公式戦の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト