静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

両サイドバック、窮地救う得点 J1リーグ第18節・清水

(2017/7/9 07:55)
清水―G大阪 前半40分、2点目を奪い歓喜する清水・鎌田(中央)=アイスタ日本平
清水―G大阪 前半40分、2点目を奪い歓喜する清水・鎌田(中央)=アイスタ日本平

 不動の2トップが不在の窮地で、得点を挙げたのは両サイドバックだった。前半29分、金子のCKをカヌが頭でつないだボールを“左”の松原が押し込んで先制。40分、竹内の折り返しを“右”の鎌田が頭で決めた。松原は13戦ぶりJ1通算2得点目。鎌田はJ1・J2合わせ156試合目での初得点だった。
 「90分通してみんなが泥くさくやった結果。チームとして戦えた」と鎌田。松原は「組織的に守れたことがよかった」とDFらしく、得点よりもホームで2戦連続無失点勝利したことを喜んだ。
 代役が代役にならず、自分の持ち味を出した。出場停止のエース鄭大世に代わり、J1では3年ぶりの先発となった長谷川は黒子に徹し、敵陣でスペースを空け続けた。チアゴ・アウベスが左足首痛で、2試合連続先発となった金子は、中2日で臨んだ相手の隙を突き、序盤から献身的に動いた。個人の力量が高い2人がいないからこそ、組織力を高めた成果だった。
 小林監督は「きょうの2トップは守備が良かった。このサッカーができればチームは変わる。後半戦でいいスタートが切れた」と話した。ベテランの枝村は「これがベースだが、喜ぶのはJ1残留が決まってから」と一喜一憂しなかった。

公式戦の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第30節 2回戦
磐 田 2 - 2 新 潟 (終了)
仙 台 0 - 0 清 水 (終了)
大 宮 1 - 1  柏  (終了)
C大阪 2 - 0 甲 府 (終了)
神 戸 1 - 2 鳥 栖 (終了)
広 島 0 - 3 川 崎 (終了)
F東京 1 - 2 札 幌 (終了)
横浜M 3 - 2 鹿 島 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト