静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

三遠、SR渋谷を下す B1リーグ第30戦

(2018/1/22 08:28)
三遠―SR渋谷 第2クオーター、シュートを決める三遠・鈴木=湖西市アメニティプラザ
三遠―SR渋谷 第2クオーター、シュートを決める三遠・鈴木=湖西市アメニティプラザ

 バスケットボール男子のBリーグは21日、愛知県の岡崎市総合体育館などで7試合が行われ、中地区の三遠は東地区のSR渋谷を65―56で破った。

 三遠 14勝16敗 65(10―14 22―15 17―12 16―15)56 SR渋谷 19勝11敗

 ■鈴木、流れ引き寄せ地元6連戦、湖西で1勝1敗
 地元6連戦の悔しい初戦黒星から一転、三遠が粘りの試合展開で勝利し、今季湖西市での最後の試合でブースターを沸かせた。連敗を阻止し、藤田ヘッドコーチは「強い気持ちで勝つことができた。タフな渋谷に勝てた意味は大きい」と、続くホーム4試合に向けて気持ちを新たにした。
 要所で流れを引き寄せたのは鈴木だった。第2クオーター。1点リードの苦しい中、この日2本目の3点シュートを決め、さらに鮮やかに切れ込んで2点を追加。チームに勢いを与えた。渋谷がサクレを中心に追いすがった最終クオーター終盤には、フリースロー4本をきっちりと沈め勝利を確実にした。「けがをした選手も復帰して、チーム一丸で気持ちが入った」と鈴木。
 11点を挙げた太田は「相手に流れを作られてしまったシーンもあったが、全員でリバウンドを取りに行く意識と、守る意識で盛り返せた」と振り返った。
 27、28の両日は富山と、2月3、4の両日は名古屋Dと、ともに豊橋市総合体育館で対戦する。

三遠ネオフェニックスの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト