静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

藤枝逆転勝ち J3リーグ第10節

(2018/5/7 13:30)
藤枝-YS横浜 後半44分、決勝のPKを決めた藤枝の谷口(9)=藤枝総合運動公園サッカー場
藤枝-YS横浜 後半44分、決勝のPKを決めた藤枝の谷口(9)=藤枝総合運動公園サッカー場

 J3リーグは6日、第10節を藤枝総合運動公園サッカー場などで行った。藤枝はYS横浜に2―1で逆転勝ちし、6試合ぶりの白星を挙げた。
 藤枝は1点ビハインドの後半31分、途中出場のFW谷口堅三が同点ゴールを挙げた。44分に再び谷口がPKを決めて逆転した。

(1)藤枝サ
▽観衆1256人
藤枝 3勝1分け6敗(10) 2(0―1 2―0)1 YS横浜 4勝2分け3敗(14)
▽得点者【藤】谷口2(PK1)(2)【Y】北脇(2)

 ■後半から出場 藤枝・谷口2発
 藤枝は終盤の逆転劇で、連休最終日に訪れたサポーターに久々の白星を届けた。
 開始早々に水野のシュートがポストにはじかれると、そこから劣勢を強いられた。不用意な反則でYS横浜に押し込まれ、前半21分に右サイドを崩されて失点。その後もパスがつながらず、前半のシュートは4本にとどまった。
 悪い流れを後半から出場の谷口が断ち切った。31分、大竹のヘディングシュートがポストに当たり、跳ね返りを押し込んだ。今季初ゴールで同点に追い付き、44分は相手DFに倒されてPKを獲得。「外す気がしない」と自ら決めた。サイド攻撃が起点になった2得点を「チームとしてのゴール」と誇る。
 けがから復帰した主将のDF浅田は積極的な攻撃参加を見せ、大竹は豊富な運動量で相手に圧力をかけ続けた。「ゴールに突き進むスタイルが見えた」と大石監督。ようやく手にした勝利を巻き返しの出発点にする。

藤枝MYFCの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト