静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

藤枝、逆転勝利 J3リーグ第30節

(2017/11/6 08:07)
藤枝-長野 前半38分、藤枝の遠藤(右から2人目)が直接FKを決める=藤枝総合運動公園サッカー場
藤枝-長野 前半38分、藤枝の遠藤(右から2人目)が直接FKを決める=藤枝総合運動公園サッカー場

 J3リーグは5日、各地で第30節の8試合が行われ、藤枝は4―2で長野を下した。

 (2)藤枝サ(藤枝2勝)▽観衆1503人
 藤枝 11勝9分け8敗(42) 4(1―2 3―0)2 長野 11勝9分け8敗(42)

 ■藤枝、遠藤2発 5試合ぶり白星
 藤枝が2度リードを許す苦しい展開を、パスサッカーで打破した。2―2の後半21分、相手の隙を突いてゴール前に上がったボランチの柿木が勝ち越し弾。44分は途中出場の大迫がミドルを決めた。
 チームを救ったのはFWの遠藤。前半38分に直接FKを決め、後半5分は枝本とのコンビで得点した。前半6、43分と失点し、気落ちしかけた後の2得点。「逆転したチームの成長がうれしい」と喜ぶ遠藤はチーム最多の今季12得点とした。
 パスを主体に推進力を高めた理想のサッカーで5試合ぶりの勝利。大石監督は「突貫工事ではなく、長い間で築いたスタイルを崩すことなく戦った。選手は失点後も前を向いた」と選手をたたえた。柿木は「順位が上の長野に離されるわけにはいかないと思った。さらに上を目指す」と過去最高の7位だった昨季以上を見据える。

藤枝MYFCの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト