静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

秋季高校野球東海大会2回戦 御殿場西―津田学園

(2018/10/22 08:34)
御殿場西―津田学園 6回裏、ピンチを迎えマウンドに集まる御殿場西ナイン=津市営球場
御殿場西―津田学園 6回裏、ピンチを迎えマウンドに集まる御殿場西ナイン=津市営球場

 ▽2回戦(津市営球場第1試合)
 御殿場西(静岡1位)
 100000001―2
 00010303×―7
 津田学園(三重3位)
 ▽本塁打 新井(御)前川(津)
 ▽三塁打 阿萬田(津)▽二塁打 夏賀(御)小林、渡辺(津)▽暴投 杉本(御)▽捕逸 磯部(御)
 ▽試合時間 2時間2分

 【評】御殿場西は打線が4安打に沈んで高田の粘投を援護できず、津田学園に敗れた。
 御殿場西は一回、夏賀の二塁打と内海の内野フライが敵失を誘って先制した。だが、その後は相手のエース右腕に抑え込まれ、6回を三者凡退。九回に新井の本塁打で1点を返すにとどまった。
 左腕高田は五回まで3安打1失点に抑え、接戦に持ち込んだ。六回以降は制球が甘くなり、相手打線に捉えられた。

 ■圧巻投球「歯立たず」4安打 津田学園に2―7 
 御殿場西は打線が4安打と振るわず、波に乗れなかった。津田学園のエース前に精度の高い変化球と140キロ台の直球でコースを突く圧巻の投球を見せつけられた。「歯が立たなかった」と新井主将。森下監督も「狙っていっても手が出ない。今の時期にあれだけの投球をされたらお手上げ」と、勝者をたたえるしかなかった。
 左腕高田の踏ん張りで、前半は競り合いに持ち込んだ。変化球を低めに集め、野手の好守にも助けられながら5回を3安打1失点でしのいだ。だが六回、甘く入ったスライダーを狙われ、連打を許した。高田は「自分のスタミナが落ちたわけではなく、相手に対応された印象」と、力負けを実感した。
 快進撃は止まったが、26年ぶりの東海大会で収穫も得た。指揮官は「彼らの力としてはよく頑張った。ただ、甲子園に行くならレベルが違うということを勉強できた」と話す。高田は「体力を付け、球の質、制球を磨く」とレベルアップを誓う。最終回に意地の本塁打を放った新井も「負けて、足りないところを知ることができた。失敗を生かす」と悔しさを胸に刻んだ。

高校野球しずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

富士ゼロックス・スーパーカップ

川 崎 1 - 0 浦 和 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト