静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

常葉大菊川、金足農に完敗 福井国体・高校野球硬式

(2018/10/3 08:02)
常葉大菊川―金足農 1回表常葉大菊川2死一塁、根来が左前打を放ちチャンスを広げる=福井市の福井県営球場
常葉大菊川―金足農 1回表常葉大菊川2死一塁、根来が左前打を放ちチャンスを広げる=福井市の福井県営球場

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」は2日、福井県永平寺町などで19競技を行った。特別競技の高校野球硬式は2回戦に常葉大菊川が登場し、金足農(秋田)に0-7の7回コールド負けを喫した。

 ■高校野球(硬式)
 ▽準々決勝
 常葉大菊川
 0000000―0
 2001031x―7(7回コールド)
 金足農
 ▽本塁打 高橋(金)
 ▽二塁打 菊地彪、打川、菅原天(金)
 ▽試合時間 1時間55分

 【評】常葉大菊川は金足農の吉田、打川を打ち崩せなかった。4安打で無得点に終わり、7回コールド負けした。
 常葉大菊川は吉田の速球に手を焼いた。初回は東、根来の安打などでつくった2死満塁の好機に伊藤が三振。三回も四球や敵失で2死一、二塁としたが、後が続かなかった。

 ■吉田相手に真っ向勝負
 硬式野球の常葉大菊川が、金足農(秋田)の甲子園準優勝右腕に真っ向勝負を挑んだ。吉田に5回で喫した三振11個は、フルスイングを貫いた証し。高校日本代表で共に戦った根来は「全員が三振を恐れずバットを振った。吉田相手でも最後まで明るく菊川らしさを出せた」とすがすがしかった。
 追い込まれた後の吉田の決め球が速かった。ほとんどが140キロ台後半。二回に吉田の最速となる152キロで見逃し三振に倒れた漢人は「訳が分からないボールが来た。振ろうと思ったらミットに入っていた」と目を丸くした。ただ、漢人は意地も見せた。投手として対戦した三回に吉田から三振を奪い返した。「意識する相手だった。狙って三振が取れてうれしかった」と喜んだ。
 高校生活最後の試合はコールド負け。しかし、ナインは「3年間で一番楽しかった」と口をそろえ、表情は明るかった。試合後に吉田と握手を交わした高校日本代表のチームメート奈良間は「お互いにレベルアップして、また上の舞台でやりたい」と再戦を心待ちにした。
 

高校野球しずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

富士ゼロックス・スーパーカップ

川 崎 1 - 0 浦 和 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト