静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡、帝京大可児と初戦 春季高校野球東海大会、翔洋は誉

(2018/5/9 08:20)

 第65回春季高校野球東海大会の組み合わせが8日、決まった。県覇者の静岡は帝京大可児(岐阜2位)と、準優勝の東海大翔洋は誉(愛知1位)と初戦でぶつかる。大会は各県上位2校が出場し、18日から3日間、愛知県の豊田、小牧球場で行われる。
 静岡はエース春が右肘痛のため、県大会は不在だった。東海大会も左腕鈴木翔を中心に、右腕の草薙と佐野、2年の左腕斉藤颯らが経験を積む場となりそうだ。
 ある程度の失点を前提に戦うだけに、攻撃では持ち前の機動力を生かしたい。県大会では、実績のある村松に加え、斎藤来と木下が足で存在感を示した。特に木下は準決勝で3つの内野安打と2盗塁を記録している。
 東海大翔洋も主戦島田を故障で欠く苦しい状況ながら、総力戦で県大会を戦った。打線は上位から下位までバットが振れている。
 東海大会では投手陣が粘り強くつないで、競り合いに持ち込みたい。県準々決勝で常葉大菊川打線を4安打完封した2年の左腕久松が投手の要。前チームから正捕手の貞岡がタイプの異なる投手陣を巧みにリードする。

高校野球しずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第30節 2回戦
 柏  0 - 1 名古屋 (終了)
清 水 - 広 島 (14:00)
仙 台 - 鳥 栖 (14:00)
G大阪 - 横浜M (15:00)
浦 和 - 鹿 島 (16:00)
湘 南 - 札 幌 (16:00)
F東京 - C大阪 (19:00)
川 崎 - 神 戸 (19:00)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト