静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡、初戦快勝 選抜高校野球大会2回戦

(2018/3/25 08:28)
3回戦進出を決め、応援スタンドへ駆けだす静岡高の選手=24日午後、甲子園球場
3回戦進出を決め、応援スタンドへ駆けだす静岡高の選手=24日午後、甲子園球場

 第90回選抜高校野球大会第2日は24日、甲子園球場で2回戦を行い、静岡は駒大苫小牧(北海道)に7-0と快勝し2年連続で初戦を突破した。
 静岡は三、五回に斎藤来音(らいね)右翼手に2点適時三塁打が出るなど13安打で7点を挙げた。主戦春翔一朗投手はわずか84球で、4安打完封。三塁を踏ませない好投だった。
 3回戦は大会第7日(29日)の第3試合(午後2時開始予定)で聖光学院(福島)-東海大相模(神奈川)の勝者と対戦する。

 ▽2回戦
 駒大苫小牧(北海道)
 000000000―0
 00303100×―7
 静岡         
 【評】静岡は打線がつながり、斎藤の2三塁打など13安打で7得点。先発春は野手の好守にも助けられ、駒大苫小牧を4安打完封した。
 静岡は三回、山本の四球と黒岩の内野安打で2死一、二塁と攻め、斎藤の三塁打で2点、続く成瀬の左前打で3点目を加えた。五回にも1死二、三塁の場面で、斎藤の適時三塁打と成瀬の右前打で3点を上乗せした。
 春は初回に2死球と乱れ1死一、二塁のピンチを招いたが、併殺でしのぎ、二回以降は立て直した。変化球を織り交ぜて打者のタイミングを外し、9回をわずか84球で三塁を踏ませなかった。

高校野球しずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第30節 2回戦
長 崎 0 - 0 磐 田 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト