静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

常葉大橘、開誠館下す 静岡県高校新人サッカー

(2019/2/4 08:16)
常葉大橘―浜松開誠館 後半8分、常葉大橘の小野田(左)が2点目を決める=とこはグリーンフィールド
常葉大橘―浜松開誠館 後半8分、常葉大橘の小野田(左)が2点目を決める=とこはグリーンフィールド

 静岡県高校新人大会は3日、静岡市立高などで行われた。サッカーは1回戦16試合を行い、常葉大橘が全国高校選手権に出場した浜松開誠館に完封勝ちした。

 ▽男子決勝トーナメント1回戦
 藤枝明誠 4(2―0 2―0)0 沼津西
 清水桜が丘 9(4―0 5―0)0 富士宮北
 科学技術 3(2―1 1―1)2 富士市立
 袋井 0(0―0 0―0 延長0―0 0―0 PK5-3)0 飛龍
 東海大翔洋 9(2―0 7―0)0 伊豆総合
 静岡学園 4(2―0 2―1)1 浜名
 磐田東 2(0―1 1―0 延長0―0 1―1 PK8―7)2 静清
 磐田南 4(2―0 2―0)0 下田
 藤枝東 4(1―1 3―1)2 浜松東
 暁秀 1(0―0 1―0)0 静岡城北
 焼津中央 0(0―0 0―0 延長0―0 0―0 PK5-4)0 聖隷クリストファー
 沼津工 1(0―0 1―1 延長0―0 0―0 PK3-1)1 浜松湖南
 常葉大橘 2(1―0 1―0)0 浜松開誠館
 オイスカ 3(2―0 1―1)1 榛原
 浜松北 1(0―0 0―0 延長1―0 0―0)0 日大三島
 磐田北 2(1―0 0―1 延長0―0 1―0)1 沼津東

 ■常葉大橘 2トップ活躍、完封勝利
 常葉大橘は2トップの活躍で、浜松開誠館に快勝した。
 FW池田が前半2分、相手DFのクリアミスを見逃さなかった。試合前の指示は「前からボールを奪いにいこう」。果敢なプレスを仕掛けてつかんだ好機だった。冷静にゴールを奪い、「良い形で取れた」と胸を張った。後半8分にはFW小野田が2点目。浦田の右クロスを頭でたたき込み、「練習通り」と笑顔を見せた。
 身長185センチの池田が最前線で体を張り、小野田は下がり気味で組み立てに参加。新チーム結成後に組み始めたコンビは、「役割がハッキリしてきた」(小野田)と手応えをつかむ。
 昨年の全国高校選手権県大会では浜松開誠館に0―2で敗れた。「何もできずに終わった」と小野田。左膝の負傷から全体練習に復帰して5日目。応援に駆け付けた3年生の前で強行出場し、雪辱を果たした。

 ▽女子予選リーグ
 吉原 1―0 聖隷クリストファー 
 磐田東 3―0 清流館
 藤枝順心 6―0 磐田北
 常葉大橘 3―0 桐陽
 東海大翔洋 12―0 藤枝西
 静岡大成 4―1 清水南
 沼津西 3―1 清水国際

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト