静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浜松開誠館、長崎総合科学大付に0―1 全国高校サッカー選手権

(2019/1/3 09:09)

 第97回全国高校サッカー選手権は2日、さいたま市のNACK5スタジアム大宮など各地で2回戦16試合を行い、静岡県代表で初出場の浜松開誠館は長崎総合科学大付に0―1で敗れた。県勢は4年連続で初戦で姿を消した。
 浜松開誠館は前半の好機を生かせず、後半23分に失点。終盤は攻撃の勢いを強めたが、1点が遠かった。
 2連覇を狙う前橋育英(群馬)は宇和島東(愛媛)を2-0で下し、3回戦に進んだ。
 前回大会準優勝の流通経大柏(千葉)は徳島市立に2-1で逆転勝ち。尚志(福島)は東福岡を2-0で破り、前回4強の矢板中央(栃木)は日章学園(宮崎)を2-1で退けた。帝京長岡(新潟)は旭川実(北海道)戦で19人ずつが蹴ったPK戦を17-16で制した。
 星稜(石川)は前回8強の明秀学園日立(茨城)に終了間際のゴールで1-0と競り勝ち、初出場の瀬戸内(広島)は東京都市大塩尻(長野)に1-0で勝った。

 ▽2回戦
 長崎総合科学大付 1(0―0 1―0)0 浜松開誠館
 ▽得点者【長】千葉

 【評】浜松開誠館は一瞬の隙を突かれ、長崎総合科学大付に屈した。
 序盤から球際で激しい攻防を繰り広げた。開誠館は徐々にボールを動かしながらペースをつかんだ。弓場のドリブル突破や市川の縦パスなどで好機を演出したが、得点に至らなかった。
 守備陣は相手のセットプレーを粘り強く耐えたが、後半23分に失点。終盤は前線の人数を増やしパワープレーで攻めたが、相手の堅守に阻まれた。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト