静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

磐田南、3発初戦突破 全国高校サッカー静岡県大会開幕

(2018/9/16 08:08)
磐田南-浜松北 前半35分、左サイドを抜け出した磐田南の竹村(左から3人目)のパスを受けた戸塚(同2人目)が先制点を決める=磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカー場
磐田南-浜松北 前半35分、左サイドを抜け出した磐田南の竹村(左から3人目)のパスを受けた戸塚(同2人目)が先制点を決める=磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカー場

 第97回全国高校サッカー選手権大会(県サッカー協会、県高体連、静岡新聞社など主催)は15日に開幕し、磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカー場などで1次トーナメント1回戦5試合を行った。
 磐田南はMF竹村晃が全得点に絡む活躍で浜松北を3―1で下したほか、島田商などが22日の2回戦に進んだ。
 117校が出場。1次トーナメントを勝ち抜いた16校が11月3日からの決勝トーナメントに進出する。決勝は11月17日、IAIスタジアム日本平で行う。

 ▽1次トーナメント1回戦
 御殿場南 5(1―0 4―1)1 三島南
 富士宮北 6(3―2 3―1)3 沼津中央
 沼津工 8(2―0 6―0)0 御殿場西
 磐田南 3(1―0 2―1)1 浜松北
 島田商 3(0―1 3―0)1 菊川南陵

 ■磐田南MF竹村、全得点演出
 磐田南は、県総体出場の浜松北に主導権を握られながら、効果的に得点を重ねた。
 前半35分、竹村が相手2人に囲まれながら左サイドを突破し、戸塚の先制点をアシスト。「シュートがうまい戸塚に合わせたかった」と竹村は狙い通りの得点に胸を張った。
 後半6分に竹村の低いクロスを日下部が決めて2点目。だが、20分に1点を返され、その後も劣勢が続いた。「守備陣の頑張りも勝ちにつながった」と村田監督。37分、速攻から竹村が抜け出し、相手クリアのこぼれ球を新村が押し込んで突き放した。
 8月に竹村と左サイドでコンビを組む寺田晴が左足首を骨折。「寺田がいない分、自分が運動量を多くしようと心掛けた」と竹村の奮闘で初戦を突破。1、2年だけで臨む磐田南は2回戦で第5シードの加藤学園に挑む。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト