静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

清水Y、磐田Y 開幕黒星 サッカー高円宮杯U―18プレミアL

(2018/4/8 07:43)
流通経大柏高―清水ユース 後半、清水ユースの川本(右)がシュートを放つ=味の素スタジアム西競技場
流通経大柏高―清水ユース 後半、清水ユースの川本(右)がシュートを放つ=味の素スタジアム西競技場
柏ユース―磐田ユース 前半、磐田ユースの岩元(右)がゴールを狙うが、相手DFに阻まれる=味の素スタジアム西競技場
柏ユース―磐田ユース 前半、磐田ユースの岩元(右)がゴールを狙うが、相手DFに阻まれる=味の素スタジアム西競技場

 サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)プレミアリーグは7日、味の素スタジアム西競技場などで開幕し、4試合を行った。東地区は昨季2位の清水ユースが流通経大柏高に0―1で敗れ、初参戦の磐田ユースは柏ユースに0―2で屈した。

 ▽東地区
 流通経大柏高 (千葉)(3) 1(0―0 1―0)0 清水ユース(0)
 柏ユース(3) 2(2―0 0―0)0 磐田ユース(0)

 ▽西地区
 C大阪ユース(1) 0(0―0 0―0)0 福岡ユース(1)
 神戸ユース(3) 1(0―0 1―0)0 広島ユース(0)

 ■清水Y、相手のプレスに苦しむ
 清水ユースは流通経大柏高のプレスに苦しみ、持ち味を発揮できなかった。平岡監督は「全然周りが見えていなかった。もう少し自分たちのサッカーがしたかった。完敗」と冷静に結果を受け止めた。
 昨季2位だった主力の大半が抜け、冷静な試合運びができなかった。開幕戦の重圧もあったのか、斉藤主将は「一つのミスが出ると、(動きが)硬くなっていた」と振り返る。攻撃の形がつくれず、シュートは川本の2本のみだった。
 昨季目前で逃した優勝のためには、内容が悪くても勝ち点を積み上げていくことが必要だ。川本は「自分のところしかチャンスがなかった。自分たちのサッカーができなくても勝ちか引き分けに持ち込まないといけない」と反省を口にした。

 ■初参戦の磐田Y 攻撃面で手応え
 磐田ユースは優勝経験のある柏ユースに0―2。初めて経験する高校年代最高峰リーグのレベルの高さを思い知らされた。
 柏の攻撃の圧力に磐田の守備陣形が乱れた。前半32分にサイドを崩され、クロスを入れられて失点。「決めきるところはさすが」とDF平松は相手の決定力に脱帽。5分後にも失点した。
 後半は自分たちの時間もつくった。オフ期間に取り組んだ攻撃の組み立ても発揮し、岩元は「ドリブル突破などで通用した。(プレミアで戦う)イメージはできた」と手応えをつかむ。
 12月まで続く戦いは始まったばかり。「残り17試合に何が通じるか知るための試合にしようと、選手に伝えていた」と世登監督。初の勝ち点は持ち越したが、貴重な経験を積んだ。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト