静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡、3連覇ならず 甲信越静U―16サッカー

(2018/3/23 07:54)
静岡―山梨 試合終了直前、静岡の花田(左)がゴール前にボールを持ち込むもクリアされる=エコパスタジアム
静岡―山梨 試合終了直前、静岡の花田(左)がゴール前にボールを持ち込むもクリアされる=エコパスタジアム

 静岡、山梨、長野、新潟4県の16歳以下の選抜チームが参加する第11回甲信越静U―16サッカー大会(静岡新聞社、山梨日日新聞社、信濃毎日新聞社、新潟日報社、各県サッカー協会主催)は最終日の22日、エコパスタジアムで2試合を行った。静岡は決勝で山梨に0―3で敗れ、3連覇を逃した。山梨は5年ぶり2度目の優勝。最優秀選手は山梨のDF五十嵐瑠偉(甲府JY)が選ばれた。
 3位決定戦は新潟が長野を2―0で下した。今大会は総当たりのリーグ戦をトーナメント方式に変更して行われた。

 ▽決勝
 山梨 3(2―0 1―0) 0 静岡
 ▽得点者【山】米野、川口2
 
 ▽3位決定戦
 新潟 2(1―0 1―0) 0 長野
 ▽得点者【新】小林、長崎

 ■静岡、シュートわずか2本 完敗
 静岡はなすすべがなかった。80分間で放ったシュートはわずか2本。山梨の圧力に押され、ゴールが遠かった。
 ラインを高く保ち、前線から積極的にボールを奪いにくる山梨に封じ込まれた。自陣から抜け出せず、セットプレーから3失点。後半は選手同士の距離を詰め、テンポよくパスをつなぐ意識を共有したが、寄せの速い相手に最後まで苦しんだ。「球際も1対1も負けていた。プレッシャーをかいくぐらないと先はない」。増田監督(富士東高教)は力不足を認めるしかなかった。
 チームの最終目標は福井国体優勝。今大会の収穫は、目標達成のために乗り越えるべき課題が明確になったことだろう。「個の部分で戦えるようにならないといけない」とDF鈴木(磐田JY)。FW花田(清水JY)は「体の使い方や判断力、相手を抜ける効果的なドリブルを磨きたい」と語った。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第9節 1回戦
仙 台 0 - 3 磐 田 (終了)
清 水 0 - 1 F東京 (終了)
広 島 1 - 0 鳥 栖 (終了)
浦 和 0 - 0 札 幌 (終了)
川 崎 4 - 1 鹿 島 (終了)
横浜M 4 - 4 湘 南 (終了)
神 戸 3 - 0 名古屋 (終了)
G大阪 1 - 0 C大阪 (終了)
長 崎 1 - 0  柏  (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト