静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静学、清水東を圧倒 サッカー静岡県高校新人大会・準決勝

(2018/2/18 08:37)
静岡学園―清水東 前半9分、先制点を決める静岡学園の三枝(中央)=愛鷹広域公園多目的競技場
静岡学園―清水東 前半9分、先制点を決める静岡学園の三枝(中央)=愛鷹広域公園多目的競技場

 ▽準決勝
 静岡学園 5(5―0 0―0)0 清水東
 ▽得点者【静】三枝(江口)長谷部(鈴木)塩浜2(なし、なし)鈴木(神田)

 【評】静岡学園の攻撃陣が爆発した。
 前半、厚みのある攻撃で得点を重ねた。9分に先制し、19分に鈴木の右クロスを後方から攻め上がった長谷部が決めた。29分は神田の浮き球パスを鈴木が冷静に流し込んだ。エース塩浜は22分と終了間際に得点した。
 清水東は後半に盛り返したが、1点が遠かった。

 ■静学 清水東を圧倒
 静岡学園が自慢の攻撃力を発揮した。清水東から前半だけで5得点。今大会を指揮する斉藤部長は「1点で満足せず、向上心を持ち続けていた」と選手をたたえた。
 大量点の口火を切ったのは、初めて左MFで起用された三枝だった。2回戦までボランチで出場したが、準々決勝は先発を外れた。「得点に絡むため、攻撃のことだけを考えていた」。前半9分。江口のロングパスに抜け出して今大会初ゴール。悔しさをバネにした背番号8が、チームを勢いづけた。
 県大会4試合で計17得点。好調を維持するが、「今日よりも内容を深めて、もっと良いサッカーをしたい」と清水主将。3連覇を目指す王者に油断はない。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第23節 2回戦
磐 田 2 - 0  柏  (終了)
清 水 3 - 3 浦 和 (終了)
札 幌 3 - 2 F東京 (終了)
名古屋 3 - 0 鳥 栖 (終了)
長 崎 0 - 2 C大阪 (終了)
鹿 島 1 - 0 横浜M (終了)
仙 台 2 - 1 G大阪 (終了)
湘 南 0 - 2 神 戸 (終了)
広 島 1 - 2 川 崎 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト