静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

藤枝東高、人工芝張り替えへ募金 サッカー部OBらが展開

(2018/2/8 08:21)
劣化が進んだグラウンドの人工芝。関係者が張り替え整備に向けて準備を進める=1月下旬、藤枝市の藤枝東高
劣化が進んだグラウンドの人工芝。関係者が張り替え整備に向けて準備を進める=1月下旬、藤枝市の藤枝東高

 高校サッカーの名門として知られ、多くのプロ選手を輩出してきた藤枝東高(藤枝市)の人工芝グラウンドで芝が劣化し、関係者が全面的な張り替え整備に向け準備を進めている。サッカー少年の憧れのグラウンドで、地域の小中学生の練習にも利用されている。今年夏ごろの整備を目指し、同校後援会やサッカー部のOB会、後援会などで実行委員会を組織して募金活動を展開している。
 実行委は5千万円を目標に募金活動を始めたが、「思うように集まっていない」(実行委関係者)のが現状。サッカー部のOB会と後援会は、インターネットで小口資金を募るクラウドファンディングも開始し、J3アスルクラロ沼津に所属する中山雅史選手や日本代表で活躍する長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)ら東高OBのプロ選手らの協力も得て取り組みのアピールを図る。
 人工芝になったのは2009年。学校後援会など当時の実行委が資金を集めて整備した。学校のグラウンドで相次ぐ人工芝化のきっかけにもなった。地域に開放され、活発な利用があり、近年は摩耗や凹凸が目立ってきた。芝が浮き、足を取られてけがをする選手も出ているという。
 サッカー部の元監督でOB会副会長の服部康雄さん(61)は「サッカーを校技にし、力を入れている学校。サッカー王国静岡の復活に向け、いい状態で選手や地域の子供たちにプレーさせてあげたい」と話し、幅広い支援を呼び掛けている。
      ◇
 募金は静岡新聞社・静岡放送が運営するクラウドファンディング「FAAVO(ファーボ)静岡」を活用。目標金額は1千万円で期間は3月10日まで。3千円~30万円の八つのコースを用意し、東高OBのプロ選手らのサイン入り色紙などの返礼品がある。詳細は「FAAVO静岡」のサイトへ。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第16節 1回戦
磐 田 3 - 3 鹿 島 (終了)
清 水 3 - 0 C大阪 (終了)
札 幌 1 - 2 川 崎 (終了)
仙 台 2 - 8 横浜M (終了)
 柏  0 - 1 F東京 (終了)
湘 南 1 - 1 鳥 栖 (終了)
広 島 4 - 0 G大阪 (終了)
長 崎 0 - 1 神 戸 (終了)
浦 和 3 - 1 名古屋 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト