静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

決勝は清水桜が丘―静岡学園 全国高校サッカー静岡県大会

(2017/11/13 12:18)
静岡学園―浜松開誠館 延長後半8分、決勝ゴールを決め喜ぶ静岡学園・塩浜(中央)=エコパスタジアム
静岡学園―浜松開誠館 延長後半8分、決勝ゴールを決め喜ぶ静岡学園・塩浜(中央)=エコパスタジアム
浜名―清水桜が丘 前半31分、先制シュートを決める清水桜が丘・渡辺(奥)=エコパスタジアム
浜名―清水桜が丘 前半31分、先制シュートを決める清水桜が丘・渡辺(奥)=エコパスタジアム

 第96回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会、県高体連、静岡新聞社など主催)は12日、エコパスタジアムで準決勝を行った。清水桜が丘が浜名を3ー1で下して2年ぶり、静岡学園は浜松開誠館を延長の末1―0で破って3年ぶりに決勝へ進んだ。
 決勝は18日午後1時半からエコパスタジアムで行う。

 ▽準決勝
 静岡学園 1(0―0 0―0 延長 0―0 1―0)0 浜松開誠館
 ▽得点者【静】塩浜(清水)
【評】静岡学園が延長で浜松開誠館を振り切った。
 延長後半8分、清水のシュートのこぼれ球を塩浜がボレーで決めた。守備陣も集中力を切らさなかった。
 浜松開誠館は前線からの守備やGK青嶋の好守でしのいだが、最後に力尽きた。

 清水桜が丘 3(2―0 1―1)1 浜名
 ▽得点者【清】渡辺(大石竜)白井2(PK、松下)【浜】沢上(染葉)
【評】清水桜が丘が理想的な試合運びで快勝した。
 前半31分、大石竜のクロスから渡辺が決めて先制。35分、PKでリードを広げた。
 浜名は後半、右サイドから攻めて反撃した。21分に染葉のパスを沢上が押し込んだが、34分に3点目を失った。

高校サッカーしずおかの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト