静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

W杯へ御前崎で最終調整 サッカーU―17日本代表

(2017/9/28 07:07)
W杯に向けた合宿で調整する監物(右から2人目)ら=御前崎市内
W杯に向けた合宿で調整する監物(右から2人目)ら=御前崎市内

 10月にインドで開催されるサッカー男子U-17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)に向け、日本代表が27日、御前崎市内で合宿入りした。静岡県勢はGK梅田透吾、DF監物拓歩(いずれも清水ユース)の2人。合宿は10月1日までで、大会に向けて最終調整を行う。
 FW久保建英(FC東京U―18)ら招集メンバー21人が全員集合した。ピッチでパス回しやミニゲームなど約2時間にわたって汗を流した。10月1日に常葉大浜松と練習試合を行う。
 大会は6日に開幕。2大会ぶり出場の日本はグループEで8日にホンジュラスと初戦を行う。森山佳郎監督は「チームの共通理解を深めて一致団結する合宿にしたい。決勝のピッチに立つことが目標」と決意を口にした。
 身長189センチの監物は「高さと1対1の強さを全面に出していきたい。静岡を背負っているという意識も持ち重みのあるプレーをしたい」と意気込む。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト