静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

J1磐田、得点力アップ不可欠 世代交代へ若手奮起期待

(2019/1/13 07:53)

 磐田が昨季の反省を生かし、着手しなければならないのは攻撃面。昨季の総得点35は鳥栖に次いで少なかった。MF中村が右足首手術で戦列を離れセットプレーからの得点が減ったことや、開幕直後に右膝を負傷したMFアダイウトンの長期離脱で前線への推進力を失ったことなどが響いた。だが、2人の完全復活を待つばかりでは進歩はない。
 主将のDF大井は34歳。攻撃をけん引する中村は40歳、FW大久保が36歳という年齢を考えれば、世代交代を確実に進めたい。服部強化本部長は「(昨季は)けが人が出た一方、若手は経験を積めたと思う」と今季は大南や荒木、小川航らの成長に期待するが、中村らを脅かし定位置をつかむことができるかは未知数だ。
 クラブは新外国人選手の獲得にも動いている。交渉が順調に進めば今月中にも合流する見通し。激しくなるポジション争いの中で、若手の奮起が期待される。
 新加入選手は次の通り(かっこ内は前所属)。▽MF森谷賢太郎(J1川崎)▽FW中山仁斗(J2山形)

 ■新加入選手一言
 ▽FW中山 素晴らしい環境でできることに満足せず、ピッチ内外でチームに貢献したい。ゴール前での迫力あるプレーや体の強さ、ボールキープなど長所を生かして勝負したい。
 ▽MF森谷 昨年の最終節でロスタイムに失点してプレーオフに回ることになり、磐田の全員が落ち込んでいた姿が目に焼き付いている。今年は喜んでいる姿を見せたい。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト