静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

名波監督「好転させる」 J1磐田、新体制発表

(2019/1/13 07:54)
新体制発表記者会見で写真に納まる(左から)森谷、名波監督、中山=ヤマハスタジアム
新体制発表記者会見で写真に納まる(左から)森谷、名波監督、中山=ヤマハスタジアム

 J1磐田は12日、ヤマハスタジアムで2019年の新体制を発表した。16位と苦戦した昨季から陣容はほとんど変わらず、新加入は期限付き移籍から復帰した選手を含めて3人だけ。スタッフを含めた継続路線で巻き返しを図る。
 昨季はJ1参入プレーオフで辛うじて踏みとどまった磐田。一昨年に中村、昨年は田口、大久保と日本代表経験者を獲得してきたが、今季の補強は最低限にとどめた。けがで離脱した主力が復活すれば、チームの躍進は計算できる。1月に就任した小野社長は「修羅場をくぐり抜けたメンバーに厚みを増すため、新しい選手を加えた」と話した。
 6季目を迎えた名波監督からは、集大成への意気込みが伝わってきた。「どうやって好転させられるか、身が引き締まる思い。昨年はシーズンを通して戦えなかった選手が1人や2人ではない。この場に(新加入は)2人しかいないが、自分には7、8人の新戦力が見えている」と中村ら完全復活にめどが立ってきた選手の今季に懸ける思いに期待を高める。
 「繋(つな)ぐというスローガンも5年目。やってきたことに間違いはないと思っている」と小野社長。方向性が正しかったことは、今季の最終順位で証明するしかない。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト