静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「プレーオフ経験生かす」 J1磐田、小野新社長ら訪問

(2018/12/26 17:00)
来季の巻き返しを誓い、大石剛静岡新聞社・静岡放送社長(左)と握手を交わすジュビロ磐田の小野勝新社長ら=26日午前、静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館
来季の巻き返しを誓い、大石剛静岡新聞社・静岡放送社長(左)と握手を交わすジュビロ磐田の小野勝新社長ら=26日午前、静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館

 今月で退任し、マネジメントアドバイザーに就くサッカーJリーグ1部(J1)ジュビロ磐田の木村稔社長(64)と1月に就任する小野勝新社長(60)、服部年宏強化本部長(45)らが26日、静岡市駿河区の静岡 新聞放送会館に大石剛静岡新聞社・静岡放送社長らを訪ね、新体制の方針などを報告した。
 8日のJ1参入プレーオフでJ2東京ヴェルディを下し、辛うじて残留した今季を振り返り、木村社長は「この経験を忘れないように、来季以降につなげたい」と話した。小野新社長も「チームもクラブもプレーオフを経験し、一皮むけたはず。反省を生かすことができれば、来季はいいスタートを切れる。ファンや地域と密着して巻き返す」と強いジュビロの復活を期した。
 来季は2月下旬に開幕。磐田は1月14日に始動し、1月25日から16日間、鹿児島市での春季キャンプを行う。大石社長は「来年も静岡ダービーが楽しみ」と清水エスパルス戦のさらなる盛り上がりに期待を寄せた。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

富士ゼロックス・スーパーカップ

川 崎 1 - 0 浦 和 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト