静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

J1磐田、プレーオフ前売り券完売 残留懸け、東京Vと8日対戦

(2018/12/5 07:49)
J1参入プレーオフ決定戦のチケットを求めて売り場の前に並ぶ購入希望者=4日午後、磐田市のヤマハスタジアムチケット売り場
J1参入プレーオフ決定戦のチケットを求めて売り場の前に並ぶ購入希望者=4日午後、磐田市のヤマハスタジアムチケット売り場

 磐田市のヤマハスタジアムで8日午後2時から行われるサッカーJリーグ1部(J1)参入プレーオフ決定戦、ジュビロ磐田―東京ヴェルディの前売り入場券が4日、完売した。
 3日のジュビロサポーターズクラブ会員向けの先行販売と4日の一般販売の2日間で売り切れた。磐田市のヤマハスタジアムの売り場には入場券を求める長蛇の列ができ、4日は正午からの販売開始を前に約200人が並んだ。午前7時から一番乗りで並んだ湖西市の会社員(19)は「有給休暇を取ってきた。ジュビロは今季あまり調子が上がらなかったが、残留できるよう、最後は必ず勝ってほしい」と期待を込めた。
 磐田は1日のJ1最終節で川崎フロンターレに敗れ、16位に転落。2009年以降、J1の16~18位はJ2に自動降格していたが、今年からJ1の16位はJ1参入プレーオフを勝ち上がったJ2のチームとホームで対戦する。磐田は引き分け以上で残留が決まる。
 チームは4日、磐田市内で練習を再開。名波浩監督(46)はこれまでほとんどの練習を公開してきたが、今週はサポーター、報道陣に一切練習を公開しない。ジュビロの木村稔社長(64)は「大事な試合。集中させてほしい」と話した。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト