静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

残り2試合、あと勝ち点1 磐田・松浦、J1残留へ気合

(2018/11/22 17:01)
ホーム最終戦の札幌戦に向けて練習に励む磐田の松浦=ヤマハ大久保グラウンド
ホーム最終戦の札幌戦に向けて練習に励む磐田の松浦=ヤマハ大久保グラウンド

 J1磐田のMF松浦拓弥(29)が、ホーム最終戦となる24日の札幌戦でJ1残留を確定させる。勝ち点は41で、既にJ2自動降格する17位以下の可能性はない。16位が回るJ1参入プレーオフを自力で回避するには残り2試合であと勝ち点1を積み上げるだけだが、松浦は「油断はできない。最終節(12月1日の川崎戦)まで引っ張ることは避けたい」と楽観していない。
 最近4試合連続で先発している松浦は、前線への鋭い飛び出しなどで攻撃を活性。チームも4戦負けなしでJ1残留にあと一歩のところまできた。
 松浦は「10年前の経験は二度としたくない」と話す。2008年まで行われていたJ1・J2入れ替え戦。同年、J1で16位と低迷した磐田は、J2で3位の仙台と対戦した。19歳だった松浦は2戦3得点とチームの全得点を挙げて“救世主”となったが、「2戦目の試合前のミーティングの雰囲気に、初めて胃が痛くなったのを覚えている」と振り返る。
 09年からはJ1の年間順位の下位3チームが自動降格していたが、今年はJ1の16位がJ2の3チーム(J1ライセンスを持たない4位町田を除く)とのプレーオフに回る方式に変わった。
 名波監督も現役最終年だった08年に入れ替え戦を経験し、監督1年目の14年はプレーオフでJ1昇格を逃している。「プレーオフにいくことがどれだけ苦しいか。年間でやってきたことはなにも通用しない」とホーム最終戦での決着にこだわる。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1(今日の予定)

◇第1節 1回戦
C大阪 - 神 戸 (19:30)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト