静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

躍進に手応え「連係増やしたい」 J1磐田、中村俊輔選手ら抱負

(2018/1/11 12:50)
大石剛静岡新聞社・静岡放送社長にサインボールを手渡すジュビロ磐田の中村俊輔選手(左)と針谷岳晃選手(中央)=11日午前、静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館
大石剛静岡新聞社・静岡放送社長にサインボールを手渡すジュビロ磐田の中村俊輔選手(左)と針谷岳晃選手(中央)=11日午前、静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館

 サッカーJ1ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔選手(39)と針谷岳晃選手(19)が11日、静岡市駿河区の静岡 新聞放送会館に大石剛静岡新聞社・静岡放送社長らを訪ね、新シーズンの抱負を語った。
 磐田は昨季6位と躍進した。移籍1年目から中心選手としてチームを引っ張った中村選手は「フロントを含めて軸がしっかりしているのが分かるチーム。良い方向に進んでいる」と手応えを示し、「去年できなかったことに挑戦し、もっと連係を増やしたい」と意気込んだ。静岡で過ごした1年を振り返り、「サッカーをよく知っている人が多い」と印象を語った。大石社長は「上がっていくイメージしかない。今季も楽しみにしている」と激励した。
 磐田の選手は12日までの2日間、数人ずつに分かれてスポンサー企業などを訪問する。15日に全体練習を開始。26日から18日間の鹿児島キャンプを行い、2月24日のリーグ戦開幕に備える。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第27節 2回戦
清 水 1 - 2 G大阪 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト