静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

好調守備陣、雪辱に闘志 18日神戸戦 J1磐田

(2017/3/16 17:07)
神戸との雪辱戦に向けて闘志を燃やす磐田の大井(左から2人目)ら=ヤマハ大久保グラウンド
神戸との雪辱戦に向けて闘志を燃やす磐田の大井(左から2人目)ら=ヤマハ大久保グラウンド

 磐田守備陣が雪辱戦に闘志を燃やしている。18日に対戦する神戸とは昨季、3度対戦し計10失点で全敗した。今季は開幕から3戦2失点と安定感の光る守備陣が、苦い記憶を振り払えるか。DFリーダーの大井は「勝つことで勢いに乗れる。チャレンジャー精神を持っていきたい」と力を込める。
 昨季はペドロ・ジュニオールとレアンドロに9点を許した。天敵2人は移籍とけがで不在だが、今季も神戸は3試合で5得点と攻撃力を見せている。11日の大宮戦で今季初先発した桜内は「(神戸は)選手が変わっても得点している。攻撃の起点をつぶしたい」と意気込む。
 大井は「昨季の失点はセットプレーなどから。点差ほど内容の差はなかった」と振り返る。3―4で敗れた昨年の第2ステージは試合中に負傷して無念の途中交代を強いられ、悔しさも残っている。不用意なミスの減少と球際の激しさを今回のポイントに挙げ、「しっかりと分析して戦いたい」と話す。
 今季は始動時から守備の連係向上に重きを置いた。大宮戦も最終ライン2人を変えたが、1失点で抑えるなど戦術はチームに浸透している。名波監督も「キャンプ前からやってきた守備の構築ができてきた」と手応えを語るほど。3連勝と好調な神戸との一戦は、守備陣の真価を見せる絶好の機会でもある。

話題の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

天皇杯

◇4回戦
長 野 0 - 1 磐 田 (終了)
川 崎 4 - 1 清 水 (終了)
浦 和 2 - 4 鹿 島 (終了)
筑波大 0 - 2 大 宮 (終了)
松 本 0 - 2 神 戸 (終了)
横浜M 3 - 2 広 島 (終了)
G大阪 2 - 3  柏  (終了)
C大阪 1 - 0 名古屋 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト