静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

磐田、新戦力との融合注目 J1リーグ25日開幕

(2017/2/25 08:35)
開幕戦に向けて練習する選手の動きを確認する磐田の名波監督(左から2人目)=ヤマハ大久保グラウンド
開幕戦に向けて練習する選手の動きを確認する磐田の名波監督(左から2人目)=ヤマハ大久保グラウンド

 3年ぶりに1シーズン制に戻る明治安田J1は25日に開幕し、18チームが12月2日までホームアンドアウェー方式の総当たり戦で争う。昨季年間13位からの躍進を目指す磐田は敵地でC大阪と対戦する。

 ■C大阪戦 中村俊「準備整った」
 磐田は新戦力と既存選手がどこまで融合できたかに注目だ。始動から約1カ月半、選手は互いのプレーの特徴やチーム戦術の理解を深めてきた。仕上がりに手応えを示す名波監督は「昨季の開幕戦は第1、2ステージともに勝てなかった。開幕に懸ける思いは強い。(敵地から)最低でも勝ち点1は持ち帰る」と、順調な滑り出しへ意欲を見せる。
 24日は戦術練習を行わず、パスゲームなどで最終調整した。横浜Mから加入した元日本代表MF中村俊は「準備は整った。開幕戦どうこうより、ジュビロで初めての試合というワクワク感が強い」と試合を待ちわびる。
 正確なキックを持つ中村俊が加わり、前線の動きだしは活発化した。アダイウトンや太田、新エースの川又らへの決定的なパスを期待したい。太田は「中村俊を信じ、90分間走り続けたい」と話し、川又は「チームのためになる仕事をしたい」と意気込む。
 3季ぶりにJ1復帰するC大阪は、日本代表ボランチ山口を筆頭に各位置にタレントがそろう。昇格組でも侮れず、大井は「手ごわい相手。粘り強く戦いたい」と警戒する。

話題の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト