静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

名波監督「合格点」最終日総括 J1磐田・鹿児島キャンプ

(2017/2/13 12:25)
18日間のキャンプを終え、笑顔を浮かべる選手=鹿児島市の鴨池補助競技場
18日間のキャンプを終え、笑顔を浮かべる選手=鹿児島市の鴨池補助競技場

 磐田がキャンプを打ち上げた。最終日はランニングやサッカーバレーなどで汗を流し、鹿児島のファンに今季の声援を呼び掛けた。名波監督は「大きなけが人が出なかった。100%ではないが、合格点は与えられる」と順調に進んだ18日間を総括し、磐田に戻った。
  指揮官には予想以上の発見が多かった。個人名こそ挙げなかったが、「『こいつとこいつがすごい』という組み合わせが見つかった」と話す。小川航や荒木ら若手の成長も評価。ゴール前への飛び出しが目立ったアダイウトンには「爆発してほしい」と期待を込めた。
  キャンプ中は、守備の組織化に重きを置き、中村俊や川又ら新戦力と既存選手の連係向上に努めた。だが、攻撃はまだ発展途上。ニューイヤー杯3試合は、シュートが少なく複数得点もなかった。ゴール前でパスの出し手と受け手のイメージのずれを修正することが今後の課題だ。名波監督は「新加入選手との融合は、プラスアルファがある。開幕までに(チーム力が)100になるとは思っていない。開幕してからもチームをつくっていく」と見据えた。 

話題の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト