静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

<静岡県市町駅伝>御殿場13年ぶりV、函南連覇

(2018/12/2 09:43)
市の部で13年ぶりに優勝し、ゴールする御殿場市のアンカー山下伸一選手=1日午後、草薙陸上競技場
市の部で13年ぶりに優勝し、ゴールする御殿場市のアンカー山下伸一選手=1日午後、草薙陸上競技場
町の部で優勝を決めた函南町のアンカー高橋武蔵選手=1日午後、草薙陸上競技場
町の部で優勝を決めた函南町のアンカー高橋武蔵選手=1日午後、草薙陸上競技場

 第19回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県体協共催)は1日、県内全35市町38チームが参加し、静岡市内の12区間42・195キロで行われた。市の部は御殿場市が2時間11分44秒で13年ぶり3度目の優勝。町の部は函南町が2時間16分30秒で2年連続の頂点に立った。御殿場市、函南町とも大会新記録を樹立した。
 市の部は2位が静岡市静岡、3位は富士市。浜松市北部は4位で連覇を逃した。町の部は清水町が2位、吉田町が3位だった。
 御殿場市は5区吉田響選手(東海大静岡翔洋高)が区間新記録で市の部トップに立ち、6区菊池健選手(陸自板妻)も区間新で続いてリードを広げた。終盤、静岡市静岡に追い上げられたが、最終12区の山下伸一選手(陸自滝ケ原)が区間賞の走りで突き放した。
 函南町は5区山本蓮選手(加藤学園高)が町の部首位を奪い、7区岩崎陽生選手(函南中)と8区斎藤愛莉選手(函南東中)の連続区間賞で差を広げた。10区渡辺菜々美選手(パナソニック)の区間新の快走で勝利を決定付けた。
 市の部に23市26チーム、町の部に12町12チームが出場した。スタートの県庁前からフィニッシュの草薙陸上競技場まで、故郷の期待を背負った選手たちが師走の駿河路でたすきをつないだ。

 ■選手の努力実った 若林洋平御殿場市長の話
 昨年の悔しさをばねにした選手の努力が実った。小学生も低学年から練習に参加し、王座奪還を目指してきた。ここまで努力してくれてありがとう。自信を秘めて、本番で実力を発揮できた。

 ■一丸で悲願の連覇 仁科喜世志函南町長の話
 選手、スタッフが一丸となって悲願の連覇を達成してくれた。ゴールの瞬間は感動して涙が出そうだった。平成最後の優勝は記念になる。来年は3連覇という目標に向かって頑張ってほしい。

 

2018の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

富士ゼロックス・スーパーカップ

川 崎 1 - 0 浦 和 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト