静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

<静岡県市町駅伝>練習に「一本歯下駄」 掛川市、感覚強化狙い

(2018/7/6 08:13)
一本歯下駄を使った練習に取り組む選手たち=掛川市
一本歯下駄を使った練習に取り組む選手たち=掛川市

 静岡県市町対抗駅伝の掛川市チームは一流アスリートが活用し注目を集める一本歯下駄(げた)を使ったトレーニングの導入を決め、4日夜に市徳育保健センターで初の練習会を開いた。
 スポーツ工芸ブランドarucutoの宮崎要輔代表(同市出身)が一本歯下駄20足余りを貸し出し、月1回ほど練習を指導する。故郷の競技レベル向上のため協力を買って出たという。
 宮崎さんが提唱する一本歯下駄トレーニングは通常の練習では鍛えられない筋肉や感覚を強化する効果があるとされ、各種競技の五輪代表選手や社会人陸上チームなどが取り入れている。
 宮崎さんは「歯、かかとのリズムで体重移動しながら前後に走る練習を続けると、本来のばねを生かした走りが身につく」と解説。選手たちは下駄をはき感覚を確かめながら練習に取り組んだ。

2018の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト