静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡県中学選抜野球1回戦 浜岡球場(17日)

(2018/2/18 08:47)
富士吉原一―東海大翔洋 4回1死三塁、東海大翔洋曽根が逆転の適時打を放つ=浜岡球場
富士吉原一―東海大翔洋 4回1死三塁、東海大翔洋曽根が逆転の適時打を放つ=浜岡球場

 ■浜松開成、35点圧勝
▽1回戦(浜岡第1試合)
浜松開成(浜松)
741455―35
00000―0(5回コールド)
沼津二・長井崎(沼津)
(浜)対馬、権部―山元
(沼)谷村、山田、関―原田
▽三塁打 嘉数2、磯野、横山(浜)
▽二塁打 岡田(浜)
▽暴投 谷村6、関7(沼)
▽ボーク 関(沼)
▽捕逸 原田5(沼)
▽試合時間 2時間

 浜松開成が沼津二・長井崎に圧勝した。浜松開成は初回、嘉数が三塁打で先制の好機をつくり、磯野の適時打などで一気に7点を奪った。その後も攻撃の手を緩めず三回には打者二巡の猛攻。袴田監督は「初回の磯野の当たりで流れを作ることができた」と満足げ。
 大差をつけても集中力を切らさず、対馬、権部の継投で無安打に抑えた。「ミスなく初戦を終えることができた」。徳永主将は顔をほころばせた。頂点を目指し好スタートを切った。

 ■翔洋 大勝も反省
▽1回戦(浜岡第2試合)
富士吉原一(富士)
20000―2
00144x―9(5回コールド)
東海大翔洋(中部推薦)  
(富)佐野―石川
(東)松下―石上
▽三塁打 野村(富)佐野(東)
▽二塁打 佐野、落合(東)
▽試合時間 1時間10分

 外角真ん中に来た直球に合わせるようにバットを振った。四回1死三塁。東海大翔洋曽根が中前打を放つと、3走が生還し逆転に成功した。最終回には絶妙の内野安打でこの日2打点を挙げた。
 曽根は初回、富士吉原一の先制につながる捕球ミスをしていただけに「四回の打席は、絶対に走者をかえすという強い気持ちで臨んだ。心の底からうれしかった」と笑顔を見せた。
 主戦松下も立ち上がりこそ乱れたが、その後は威力のある速球を低めに集め三振の山を築いた。終わってみればコールド勝ち。弓桁監督は「出だしにつまずく悪い癖が出たが、挽回できたことはいい収穫になった」と及第点を与えた。

中学野球しずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト