静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浜松市中学野球・台湾遠征 市選抜、投打で持ち味

(2017/8/19 08:54)
浜松市中学選抜Hチーム―中山国民中 7回1失点の力投を見せた高井投手=台中市の洲際棒球場
浜松市中学選抜Hチーム―中山国民中 7回1失点の力投を見せた高井投手=台中市の洲際棒球場

 【台中市(台湾)=浜松総局・井沢泰斗】第27回国際親善中学野球大会台湾大会(浜松市中学野球国際親善育成会など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が18日、台中市内の2会場で開幕した。浜松市中学野球選抜団から出場した2チームはそれぞれ現地の中学チームと2試合を行い、Hチーム(浜松北部中・橋爪敦志監督)は2勝、Nチーム(佐久間中・中川将大監督)は1勝1敗だった。
 Hチームは国際大会やプロリーグでも使用される洲際棒球場で中山国民中、豊陽国民中と対戦した。
 1試合目は高井滉一郎投手(清竜中3年)が7回を投げ抜き、中山国民中打線を3安打1失点に抑えた。三回には水野航介選手(丸塚中3年)、増田大和選手(浜松開誠館中3年)の適時打などで一挙4点を奪い、7―1で完勝した。
 2試合目も小技や好走塁などで小刻みに得点を重ね、5―1で勝利した。橋爪監督は「確実に相手の隙を突き、打線のつながりという強みも出せた」と選手をたたえた。
 Nチームは西苑櫻花棒球場で西苑国民中と戦い、26―2で大勝した。長打3本を放った坪井駿太選手(三ケ日中3年)、先発した小野晃裕投手(北浜中3年)の活躍が光った。向上国民中戦は3―6で敗れた。

中学野球しずおかの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第30節 2回戦
浦 和 3 - 3 G大阪 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト