静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

沼津、守り切る J3リーグ第17節

(2018/7/8 08:10)
沼津―YS横浜 前半40分、沼津の畑(左)が頭で合わせ決勝ゴールを決める=愛鷹広域公園多目的競技場
沼津―YS横浜 前半40分、沼津の畑(左)が頭で合わせ決勝ゴールを決める=愛鷹広域公園多目的競技場

 明治安田J3リーグは7日、各地で第17節の4試合が行われ、3位の沼津はYS横浜を1-0で下し、勝ち点28とした。

 (1)愛鷹▽観衆1271人
 沼津 8勝4分け3敗(28) 1(1―0 0―0)0 YS横浜 5勝6分け5敗(21)
 ▽得点者【沼】畑(6)

 ■畑が2戦連続弾
 沼津は中盤を固めてYS横浜の縦への攻撃をはね返し、1点のリードを守り切った。3試合ぶりの勝利に、吉田監督は「相手との距離感を保ち、コンパクトな陣形で集中してプレーした」と選手をたたえた。
 前半40分、MF普光院の右クロスに、ゴール前のFW畑が頭で合わせて先制。前節に続くゴールで今季6点目の畑は「飛んだ瞬間フリーだった」と振り返った。
 ロングボールや中盤での早いパス回し、ドリブルの中央突破など多彩にカウンターを仕掛けて好機をつくった。今季初アシストの普光院は「想定通りの試合運びができた」と手応えを語りつつ、「追加点を取らないと今後の試合は厳しくなる」と課題も挙げた。
 今節で、ほとんどのチームがリーグ戦を折り返した。沼津は他のチームより消化試合が1試合少ないが勝ち点で3位。リーグ最小の8失点と堅守が光る。この流れをリーグ戦後半につなぎたい。

アスルクラロ沼津の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト