静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

沼津、鳥取下し首位 J3リーグ第8節

(2018/4/29 09:08)
沼津―鳥取 前半29分、沼津の畑(中央)が頭で合わせて先制点を決める=愛鷹広域公園多目的競技場
沼津―鳥取 前半29分、沼津の畑(中央)が頭で合わせて先制点を決める=愛鷹広域公園多目的競技場

 明治安田J3第8節第1日(28日・愛鷹広域公園多目的競技場)は、沼津が前節首位の鳥取を1-0で下し、勝ち点16として首位に浮上した。

 (1)愛鷹
 ▽観衆2567人
 沼津 5勝1分け1敗(16) 1(1―0 0―0)0鳥取 4勝2分け2敗(14)
 ▽得点者【沼】畑(4)
 
 ■カウンターと堅守で競り勝つ
 沼津は冷静に相手の攻撃を受け止め、積極的にカウンターを仕掛けて鳥取に1-0で勝利した。沼津は勝ち点を16とし、他チームより消化試合が1試合少ない中で首位に立った。
 ボールを持つ時間が長い鳥取に対し、沼津は堅守で相手に決定機を作らせず、速い展開で攻撃を仕掛けて何度も相手ゴールに迫った。
 前半29分、FW畑がFW青木の左クロスに頭で合わせて先制すると、4試合ぶりの得点に喜びを爆発させた。「フリーでうまく入れて良かった。(青木)翔大君がいいクロスを上げてくれて、合わせるだけだった」。吉田監督は「相手DFの背後に回ったりゴールに向かったりする回数、厳しい局面でボールを収めて攻撃の起点になる強さが出てきた」と畑のプレーを評価した。
 主将のDF徳武は「守備は松藤とカバーし合い、ほぼ想定通りの動きができた」と満足げに語った。「首位に立てたのは良かったが、おごらず地に足を付けて戦っていきたい」と次節へ向けて気を引き締めた。

アスルクラロ沼津の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

JリーグYBCルヴァン・カップ

◇準決勝 第2戦
横浜M 2 - 2 鹿 島 (終了)
湘 南 2 - 2 (PK5 - 4)  柏  (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト