静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

沼津4連勝、2位浮上 J3リーグ第5節

(2018/4/2 08:01)
沼津―富山 後半44分、沼津の田中(右)がゴールを決め仲間と駆けだして喜ぶ。奥は先制点を決めた青木=愛鷹広域公園多目的競技場
沼津―富山 後半44分、沼津の田中(右)がゴールを決め仲間と駆けだして喜ぶ。奥は先制点を決めた青木=愛鷹広域公園多目的競技場

 J3リーグは1日、各地で第5節の8試合が行われ、沼津が富山を2-0で下し、2位に上がった。

 (1)愛鷹
 ▽観衆1806人
 沼津 4勝(12) 2(0―0 2―0)0 富山 1勝4敗(3)
 ▽得点者【沼】青木(2)田中(1)

 ■富山に勝利 首位と1差
 沼津は堅い守備で相手の攻撃をしのぎながら決定機を逃さずに得点し、富山に2-0で勝利した。開幕から無失点の4連勝で、首位鳥取と勝ち点1差の2位に浮上した。
 前半はセカンドボールを奪われる回数や攻められる場面が多かったが、コンパクトに守って得点を与えなかった。
 後半は風上に立った沼津が主導権を握った。12分、相手DFの背後からゴール前に走り込んだ青木が右足でキーパーの股を抜いて決めた。さらに終了間際の44分、今季初出場の田中が砂森の右CKを頭で合わせて追加点。田中は「残り時間が少なく、チャンスは1回だと思っていた。GKの前でうまく合わせられた」と振り返った。
 3月21日に急逝した大沼明穂沼津市長をしのび、会場の全員が試合前に黙とうをささげ、沼津の選手とスタッフは腕などに喪章を付けて試合に臨んだ。吉田謙監督は「感謝の思いをプレーで返していくしかない。勝ちの余韻に浸ることなく明日からも練習に打ち込みたい」と力を込めた。)

アスルクラロ沼津の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト