静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

沼津、C大阪U―23を下す J3第29節

(2017/10/30 07:45)
沼津―C大阪U―23 試合終了間際、沼津の渡辺亮(左)がゴールを決め主将の尾崎らと喜ぶ=愛鷹広域公園多目的競技場
沼津―C大阪U―23 試合終了間際、沼津の渡辺亮(左)がゴールを決め主将の尾崎らと喜ぶ=愛鷹広域公園多目的競技場

 J3リーグは29日、各地で第29節の5試合が行われ、2位の沼津はC大阪U-23(23歳以下)に勝って勝ち点53とした。

 (2)愛鷹(沼津2勝)▽観衆753人
 沼津 15勝8分け4敗(53) 1(0―0 1―0)0 C大阪U―23 5勝10分け12敗(25)
 ▽得点者【沼】渡辺亮(3)

 ■終了間際 渡辺亮ヘッド
 最後まで勝利への執念を持ち続けた沼津がC大阪U―23を下した。ドローを覚悟した後半ロスタイム、藤原からの浮き球を中央にいた鈴木将がつなぎ、渡辺亮が190センチの長身を生かして頭で合わせた。殊勲の渡辺亮は「後ろにいた2人の相手DFよりも速く動けた。中で粘っていたことがゴールにつながった」と振り返った。
 降り続く雨の影響でピッチ上は素早いパスが回らない状況だったが「バックパスや横パスは出さないように意識した」と尾崎。後半16分には雷で19分中断したが、選手全員が集中力を高く保ち積極的な姿勢を崩さなかったことで、難しい状況を乗り越えた。
 吉田監督は「ピッチの状況が刻々と変化する中、選手たちはそれぞれに的確なプレー選択をした」と評価、「パワーでねじ伏せる部分と柔軟に対応する部分を使い分けられるようにしたい」と課題も挙げた。最終節まで残り5試合。リーグ優勝に向けプレーの幅を広げることが求められる。

アスルクラロ沼津の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト