静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

沼津、初の首位 J3リーグ第23節

(2017/9/18 08:00)
沼津―富山 前半28分、ゴールを決めた沼津の中村(右)が青木(10)とハイタッチして喜ぶ=愛鷹広域公園多目的競技場
沼津―富山 前半28分、ゴールを決めた沼津の中村(右)が青木(10)とハイタッチして喜ぶ=愛鷹広域公園多目的競技場

 J3リーグは17日、各地で第23節の4試合が行われ、沼津が富山を2-0で下し、勝ち点45で首位に立った。

 (2)愛鷹(沼津2勝)
 ▽観衆1574人
 沼津 13勝6分け3敗(45) 2(2―0 0―0)0 富山 10勝7分け5敗(37)
 ▽得点者【沼】青木(5)中村(7)

 ■9戦負けなし
 9試合負けなしで流れに乗る沼津が終始、攻撃的な姿勢を崩さず富山に2-0で勝利し、J3参入元年で初の首位に立った。
 台風接近の影響で、ピッチ上は強風が吹き荒れるコンディション。風上から攻める沼津は前半1分、右サイドのMF白石が中央へクロスを上げると、FW青木が右足で合わせて先制。28分、再び白石が右から中央へ蹴り込み、FW中村が守備の穴から飛び出して左足で追加点を挙げた。
 2アシストを演出した白石は「キーパーと守備の間に速いボールを入れる練習を重ねていた。中央で必ず決めてくれると信じて蹴り込んで良かった」と満足げ。イエローカード累積で不在のDF尾崎に代わってキャプテンマークを付けたDF河津は「相手の隙を逃さず、集中力を持続させたことが勝利につながった」と振り返った。
 吉田謙監督は「愛鷹の風が大きな味方になった。地域の方たちのために全力で勝ち続けたい」と意気込んだ。

アスルクラロ沼津の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト