静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

27年J1昇格目指す J3沼津、市長に愛鷹改修要望

(2017/8/1 08:57)
10年後のJ1昇格に向けて決意を語るアスルクラロスルガの山本会長(中央)=沼津市内
10年後のJ1昇格に向けて決意を語るアスルクラロスルガの山本会長(中央)=沼津市内

 サッカーJ3アスルクラロ沼津を運営するアスルクラロスルガは31日、沼津市内で会見し、2027年にJ1昇格を目指す10年計画を発表した。会見に先立ち、同社の渡辺隆司社長らは同市役所に大沼明穂市長を訪ね、ホームスタジアムの県営愛鷹広域公園多目的競技場について、J2に参入する要件を満たすための改修に協力を要望した。
 同社が示した計画によると、18年1月からJ2ライセンス取得に向けて協議を進め、19年シーズンにJ2昇格を達成。同年にJ1のライセンス要件を満たす新スタジアム設立へめどを付け、24年に完成させる。27年シーズンのJ1入りを目標としている。18年にはユースチームを設立させ、21年にユース出身選手のトップチーム入りを目指し、チーム力の底上げを図る。
 会見で山本昌邦会長は「地元の選手を世界へと戦えるようにするためにはJ2、J1の舞台が必要」と決意を述べた。渡辺社長は、新スタジアム建設に向けた署名活動を8月から実施する方針を示した。
 同市役所で行われた要望で、大沼市長は「県と協議して前向きに進めていきたい」と改修へ前向きな姿勢を示した。

アスルクラロ沼津の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト