静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

沼津、盛岡下す J3リーグ第17節

(2017/7/17 07:50)
沼津―盛岡 前半4分、決勝ゴールを決めガッツポーズする沼津の薗田=愛鷹広域公園多目的競技場
沼津―盛岡 前半4分、決勝ゴールを決めガッツポーズする沼津の薗田=愛鷹広域公園多目的競技場

 明治安田J3リーグは16日、各地で第17節の4試合が行われ、3位の沼津は盛岡を1―0で下し、勝ち点31とした。

 (1)愛鷹
 ▽観衆2338人
 沼津 9勝4分け3敗(31) 1(1―0 0―0)0 盛岡 3勝6分け7敗(15)
 ▽得点者【沼】薗田(11)

 ■先取点を死守 沼津前半3位
 開始早々に先取点を挙げた沼津が1点を守り切り、リーグ戦前半のホーム最終戦を勝利で飾った。
 前半4分、DF尾崎の右からのパスをペナルティーエリア内で受けたMF染矢が中央にボールを送り、薗田の鋭いシュートがゴール中央に決まった。
 ここ数試合、先制しながらも同点に追いつかれる展開が多く、今節は中盤でボールを保持することを意識した。後半も守備一辺倒にならず、攻撃の時間を持てた。
 ボランチ沓掛は「中盤でのボール保持はリスクも伴う。でも思い切ってやったことで、攻撃に転じることもできた」と、実践できたことで自信をのぞかせた。追加点こそ挙げられなかったが、次につなげる収穫を確実に得た。
 後半戦を前にチームは3位と、好調を維持している。吉田監督は「今後はより精度を高めるのが課題」と先を見据えた。

アスルクラロ沼津の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト