静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浜松、町田に惜敗 Fリーグ第29節

(2019/1/13 08:06)
浜松―町田 後半、ドリブルをする浜松・須藤=浜松アリーナ
浜松―町田 後半、ドリブルをする浜松・須藤=浜松アリーナ

 フットサルの全国リーグ・Fリーグは12日、第29節を浜松アリーナなどで行い、浜松は町田に1―2で惜敗した。
 浜松は前半2分に先制を許した。鷲北や永野が積極的に相手ゴールに迫り、ゴールキーパーの石黒もパス回しに加わるなど攻勢を掛けたが、19分にも失点して2点差で前半を終えた。
 後半はプレッシャーが効き、前鈍内などが決定機を生み出した。10分に相手の反則で得たフリーキックから須藤が決めて1点差に。残り2分でパワープレーを仕掛けたが、あと一歩及ばなかった。

 町田(50) 2(2―0 0―1)1 浜松(11)
 得点者【町】原、室田【浜】須藤

 ■「4試合 諦めない」
 今季の全ホーム戦を未勝利で終え、次節にも最下位が確定する可能性が出てきた。ただ、相手を4本上回る23本のシュートを放ち、後半は主導権を握った。豊島監督は「試合内容には満足しているが負けは負け。あと4試合、諦めずに戦う」と気持ちを切り替えた。
 相手への対策が効果的だっただけに、前半の2失点が悔やまれる結果となった。敵の布陣を見て早めのメンバー交代を繰り返し、中村らの前線からの激しいプレッシャーは相手のミスを誘った。しかし、ゴールは遠かった。
 警告の累積で出場停止の主将松浦に代わってキャプテンマークを巻いた田中は「後半のような戦い方が前半からできていれば勝てた試合」と手応えを語った。指揮官は「準備してきたことは間違いではなかった。残りの試合で一つでもいい結果を残したい」と声に力を込めた。

アグレミーナ浜松の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト