静岡新聞SPORTS

U-22代表に大南、立田ら サッカー・アジア選手権予選

(2019/3/15 07:38)

 日本サッカー協会は14日、U-23(23歳以下)アジア選手権予選に臨むU-22日本代表に17歳の久保(FC東京)や、三好(横浜M)中山(ズウォレ)板倉(フローニンゲン)ら23人を選出した。県勢は大南(磐田)、立田(清水)が入った。この世代は2020年東京五輪の中核となる。
 予選は44チームを11組に分け、各組1位と2位のうち上位4チームが本大会(来年1月・タイ)に出場する。日本はI組で22日にマカオ、24日に東ティモール、26日にミャンマーと、ミャンマーのヤンゴンで対戦する。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト