静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

富士SWで全日本大会 自転車ロード、6月に

(2019/1/17 08:21)

 自転車ロードレースの日本チャンピオンを決める全日本選手権が6月下旬、小山町の富士スピードウェイ(SW)で開かれることが16日、県自転車競技連盟への取材で分かった。富士SWは東京五輪自転車ロードレースのゴール、東京パラリンピックの会場。同連盟の松村友子事務局長(67)は「県や地元の市町と協力して(五輪・パラリンピックの)機運醸成につなげたい」と話している。
 全日本選手権は6月27~30日の4日間。日本自転車競技連盟主催で、主管は県自転車競技連盟。23歳以上の「エリート」、19~22歳対象の「U23」などのカテゴリーがあり、一斉にスタートして着順を争う「ロードレース」と、1人ずつ走ってタイムを競う「タイムトライアル」を実施する。障害者の自転車競技「パラサイクリング」のタイムトライアルも行う。いずれの種目もSWの外には出ない。
 ロードレースは公道で行われるのが一般的で、サーキット内だけで行われるのは近年では珍しい。観客は一度のレースで選手の姿を複数回見ることができ、レース展開の把握も比較的容易。松村事務局長は「自転車競技や日本のトップ選手を覚えてもらう機会になる」と期待を込める。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

富士ゼロックス・スーパーカップ

川 崎 1 - 0 浦 和 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト