静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ヤマハ、本大会逃す 社会人野球・日本選手権東海地区予選

(2018/9/19 08:00)
王子―ヤマハ 東海地区予選敗退が決まり、ベンチに引き上げるヤマハナイン=岡崎市民球場
王子―ヤマハ 東海地区予選敗退が決まり、ベンチに引き上げるヤマハナイン=岡崎市民球場

 社会人野球の日本選手権東海地区予選は18日、愛知県の岡崎市民球場で敗者復活の代表決定トーナメント3回戦を行い、ヤマハは王子(愛知県)に1-11、7回コールドで敗れた。ヤマハは3大会連続の本大会出場を逃した。

 ▽敗者復活トーナメント3回戦
 王子
 2200124―11
 0000001―1(7回コールド)
 ヤマハ
 ▽三塁打 伊礼、前田(王)
 ▽二塁打 亀山、勝田、神鳥(王)
 ▽試合時間 2時間35分
 【評】ヤマハは4失策と守備の乱れが響き、王子にコールドで敗れた。
 ヤマハは先発近藤が立ち上がりにつかまり、失策も絡んで序盤に4失点。6投手の継投も、相手の勢いを止めることができなかった。打線は6回まで散発3安打に沈み、七回に代打笠松、佐藤の連打と藤岡の犠飛で1点を返すにとどまった。

 ■守備乱れ王子に完敗
 ヤマハは守備の乱れから序盤に主導権を失い、攻守に精彩を欠いた。失点に絡んだ4失策に加え、記録に残らないミスも出た。7月に就任したばかりの室田監督は「こういう展開になると勝てない」と手の打ちようがなかった。
 今夏、都市対抗出場を2大会連続で逃したチームは7月にスタッフを刷新。新指揮官は「我慢しながら若い選手を使って、経験を積ませる時期に来ている」と、今回の東海地区予選では積極的に若手を起用し、チームの活性化を図った。だが、大事な場面で経験不足が露呈し、思わぬ大敗につながった。
 チームは来夏の都市対抗予選に照準を合わせ、再スタートを切る。今大会、新人右腕の水野(静岡高出)が投手陣の柱として台頭するなど希望もあった。「まずはバッテリーからつくっていかなくては」と指揮官。新主将の矢幡は「負けていても声を出し、最後まで諦めない雰囲気づくりを心掛けてきた。結果は出ていないが、信じてやるしかない」と前を向いた。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト