静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡市に正式決定 ラグビーW杯、イタリア代表の公認キャンプ地

(2018/9/14 17:00)

 静岡市は14日、2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会のイタリア代表の1次リーグ公認キャンプ地に正式決定したと発表した。
 4月のキャンプ地内定後、大会組織委員会との調整を経て今月13日に契約を締結した。同委員会の方針で、キャンプ期間やトレーニング施設の場所は非公表。期間はエコパスタジアム(袋井市)で南アフリカと対戦する19年10月4日前後とみられる。
 田辺信宏市長は「アジア初開催となるラグビーW杯において、イタリア代表が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、万全の環境を準備するとともに、これを契機にさまざまな交流機会が創出できるよう努めていきたい」とコメントした。
 県内では掛川市・磐田市と御前崎市も公認キャンプ地に正式決定し、浜松市が内定している。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト