静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

全国障害馬術、掛川で開幕 静岡県内7団体出場

(2018/9/14 07:40)
競技場を試走する選手=13日午後、掛川市満水のつま恋リゾート彩の郷
競技場を試走する選手=13日午後、掛川市満水のつま恋リゾート彩の郷

 「第70回全日本障害馬術大会2018パート2」(日本馬術連盟主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が13日、掛川市満水のつま恋リゾート彩の郷で開幕した。
 若手の育成などを目的に開催。全国から91団体186選手、203頭がエントリーした。県内からは静岡市や御殿場市などの7団体9選手が出場する。初日は競技場を75秒間試走するフレンドシップ競技が行われた。
 14日から障害物のバーが設置された約500メートルのコースでタイムを競う中障害飛越などの競技が始まる。予選の上位6割の選手が16日の決勝に臨む。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト