静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

女子7人制ラグビー熱戦 裾野でシリーズ第3戦

(2018/9/9 07:57)
激しい戦いが繰り広げられた予選リーグ。右端は内山由羅選手=8日午前、裾野市運動公園
激しい戦いが繰り広げられた予選リーグ。右端は内山由羅選手=8日午前、裾野市運動公園

 女子7人制ラグビーの国内最高峰の大会「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018」の第3戦富士山裾野御殿場大会が8日、裾野市運動公園で開幕した。北海道胆振東部地震の影響で1チームが不参加となり、国内トップクラスの11チームが9日まで熱戦を繰り広げる。
 シリーズ全4大会の第3戦で、県内開催は3年連続。初日は予選リーグ18試合を行った。強い雨が降る中、力強いタックルや隙をついたトライを決める選手たちに観客席から大きな声援が送られた。千葉ペガサスに所属する浜松市出身の内山由羅選手(東海大翔洋高出、国際武道大1年)は第2戦秋田大会1位のパールズ(三重県)との試合後半に出場。「チーム目標のベスト8に向け、運動量で貢献していきたい」と意気込んだ。
 9日は決勝トーナメントを行う。会場では大会に合わせ、元日本代表の大西将太郎さんを招いたミニラグビークリニックなども開かれた。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト