静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

アジア大会「金メダル」報告 静岡県勢2選手

(2018/9/6 08:00)
金メダル獲得を柳沢重夫市長に報告する広川靖晃選手(左から2人目)=5日午前、御前崎市役所
金メダル獲得を柳沢重夫市長に報告する広川靖晃選手(左から2人目)=5日午前、御前崎市役所
鈴木康友市長に金メダルを披露する尾上胡桃選手=5日午後、浜松市役所
鈴木康友市長に金メダルを披露する尾上胡桃選手=5日午後、浜松市役所

 ■パラグライディング・広川選手、誇らしげ 御前崎市役所
 ジャカルタ・アジア大会のパラグライディング男子クロスカントリー団体で金メダルを獲得した広川靖晃選手(44)=御前崎市御前崎=が5日、市役所に柳沢重夫市長を訪ねて喜びを報告した。
 広川選手は妻(36)と次女(4カ月)と一緒に姿を見せ、職員の拍手と花束で祝福を受けた。市長と握手を交わし「表彰台で君が代を歌えてうれしかった」と金メダルを誇らしげに掲げた。
 広川選手は名古屋市出身で、競技歴10年余り。1年半前に浜松市から移住し、上昇気流が安定的に発生する御前崎海岸の丘に自宅がある。ソフトウエア関連の仕事を営む傍ら、庭から離陸して練習したり、長女(2)とタンデム飛行を楽しんだりしている。
 クロスカントリーは大空を長距離飛行し、ゴール到着までの時間を競う種目。広川選手は9~15日にトルコで開かれるワールドカップ(W杯)で同じ種目の個人戦に出場する。W杯で優勝経験がある絵美さんは「良い成績を残せるよう、精いっぱい応援したい」とエールを送った。

 ■ソフトテニス・尾上選手、悔しさも 浜松市役所
 ジャカルタ・アジア大会のソフトテニス女子団体で金メダルを獲得した浜松市天竜区出身の尾上胡桃選手(21)=日体大=が5日、市役所を訪れ、鈴木康友市長に大会結果を報告した。
 団体戦はダブルス2戦、シングルス1戦の計3戦を行う。決勝で、シングルスの尾上選手は敗れたが、ダブルスで2勝し、2―1で宿敵韓国を破った。個人戦のシングルスではベスト8まで勝ち残った。
 尾上選手は鈴木市長に金メダルなどを披露し、「ソフトテニスで最高の舞台であるアジア大会で目標だった金メダルを手にできうれしい」と述べた。決勝で敗れたことに触れ、「優勝を自分の勝利で決めたかった」と悔しさもにじませた。
 小学2年でソフトテニスを始め、各年代で日本代表に選ばれてきたが、フル代表での国際大会は今回が初。次の目標は2019年世界選手権の団体優勝で、今回のリベンジを果たす。「多彩な戦術への柔軟な対応が課題。海外で活躍して世界中にソフトテニスを普及させたい」と語った。
 鈴木市長は「国を代表して頂点に立ちすばらしい。さらに高みを目指して」とたたえた。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト