静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡県勢、金メダル5個 アジア大会、団体競技で活躍

(2018/9/3 08:03)
アーチェリー混合リカーブで初代王者に輝いた杉本智美(左)と古川高晴=ジャカルタ(静岡新聞社臨時支局・宮崎隆男)
アーチェリー混合リカーブで初代王者に輝いた杉本智美(左)と古川高晴=ジャカルタ(静岡新聞社臨時支局・宮崎隆男)
ソフトボール準決勝日本-中国 適時打を放つ渥美万奈=ジャカルタ(静岡新聞社臨時支局・宮崎隆男)
ソフトボール準決勝日本-中国 適時打を放つ渥美万奈=ジャカルタ(静岡新聞社臨時支局・宮崎隆男)

 【ジャカルタ=静岡新聞社臨時支局・木村祐太】2020年東京五輪の前哨戦に位置付けられたジャカルタ・アジア大会が2日、閉幕した。静岡県勢は14競技に36人が出場し、金5、銀5、銅8の計18個のメダルを獲得。団体競技を中心に活躍し、2年後の舞台を見据える選手たちは確かな手応えを得た。
 サッカーは男子が銀メダル、女子が金メダルに輝いた。東京五輪世代のU―21(21歳以下)で臨んだ男子は1次リーグから接戦を勝ち上がり、決勝ではオーバーエージ枠のフル代表を擁した韓国と互角の勝負を演じた。DF立田悠悟(清水)は7試合中6試合にフル出場。センターバックとして守備陣を支え、韓国との決勝では孫興民(トットナム)らの攻撃をはね返した。FW旗手怜央(順大、静岡学園高出)も攻撃面で存在感を放った。女子はDF三宅史織(INAC神戸、JFAアカデミー福島出)が全5試合にフル出場し、2大会ぶり2度目の頂点に貢献。MF阪口萌乃(新潟、藤枝順心高出)の高い技術も光った。
 ソフトボールは渥美万奈、山崎早紀(ともにトヨタ自動車、常葉菊川高出)、河野美里(太陽誘電、飛龍高出)の主力野手3人が5連覇を支えた。今後も厳しい選手間の競争を勝ち抜き、五輪競技として復活する20年東京のメンバー入りを目指す。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト