静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

男子、山内連覇 女子は土屋が初出場V 掛川・新茶マラソン

(2018/4/16 08:25)
もえぎ色の茶畑が広がる掛川路を駆け抜けるランナー=15日午前、掛川市
もえぎ色の茶畑が広がる掛川路を駆け抜けるランナー=15日午前、掛川市
男子フルマラソン 2連覇を達成した山内英昭
男子フルマラソン 2連覇を達成した山内英昭

 第13回掛川・新茶マラソン(同実行委主催、静岡新聞社・静岡放送共催、キャタラー特別協賛)は15日、掛川市のつま恋を発着点に、フルマラソン(42・195キロ)など5種目に約6200人が参加した。男子のフルマラソンは山内英昭(浜松ホトニクス)が2時間26分58秒で連覇を達成し、女子は初出場の土屋直子(富士市)が3時間51秒で初優勝を飾った。10キロの男子は中川学(ホンダRC)、女子は青島育美(SMILEY)が制した。
 
 ■男子山内、20キロ過ぎから加速
 男子は山内(浜松ホトニクス)が連覇を達成した。2月の東京マラソンで2時間18分24秒の自己新記録を出したが、最近は右膝に違和感を抱えていた。だが、昨年を1分46秒上回る2時間26分58秒で3度目の優勝を飾った。
 スタートから先頭に立ち、勢いに乗った。徐々に後続を引き離し、20キロ過ぎからは追い風を受けてさらに加速。2位に1分51秒の差をつけた。
 地元住民からの応援も力に変えた。実家が掛川市の山内は「学生時代の先輩や友人が見てくれている」と粘り強く力走。「ペースを乱すことなく自分の走りができた」と胸を張った。
 次に控えるレースは6月のサロマ湖100キロウルトラマラソン。4位以内に入れば、100キロ世界選手権(9月、クロアチア)の日本代表の切符を手にすることができる。2016年の同選手権覇者の山内。「2大会連続出場に向け、調整していきたい」と意気込んだ。

女子フルマラソン 初出場で優勝を果たした土屋直子=掛川市のつま恋
女子フルマラソン 初出場で優勝を果たした土屋直子=掛川市のつま恋
10キロの部で優勝した青島育美(左)と中川学
10キロの部で優勝した青島育美(左)と中川学

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第16節 1回戦
磐 田 3 - 3 鹿 島 (終了)
清 水 3 - 0 C大阪 (終了)
札 幌 1 - 2 川 崎 (終了)
仙 台 2 - 8 横浜M (終了)
 柏  0 - 1 F東京 (終了)
湘 南 1 - 1 鳥 栖 (終了)
広 島 4 - 0 G大阪 (終了)
長 崎 0 - 1 神 戸 (終了)
浦 和 3 - 1 名古屋 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト